安全衛生情報

2022-07-29 19:05:00

熱中症搬送6月最多=1.5万人、昨年の3倍超―総務省消防庁

 

総務省消防庁は7月27日、熱中症のため6月に救急搬送された人数が全国で1万5969人に上ったと発表昨年6月の4945人の3倍超で、統計を取り始めた2010年以降6月として最多。下旬に各地で最高気温が35度以上の猛暑日が続いたことが原因とみられる。
 日別では、全国的に暑さが厳しくなった6月25日から30日まで連日、1日当たりの搬送人数が1000人を超え、この6日間だけで1万人以上が搬送された。
 年代別では、65歳以上の高齢者が8758人と全体の54.8%を占めた発生場所別では自宅の敷地内などの「住居」が6259人(39.2%)と最も多く、小中高校などの「教育機関」でも1184人が搬送された。

都道府県別では東京が1827人と最多で、埼玉(1381人)、愛知(1156人)が続いた。 

 

【添付概要】

◆ 救急搬送人員の年齢区分別では、高齢者が最も多く、次いで成人、少年、乳幼児の順。

◆ 搬送された医療機関での初診時における傷病程度別にみると、軽症が最も多く、次いで中等症、重症の順。

◆ 発生場所別の救急搬送人員をみると、住居が最も多く、次いで道路、公衆(屋外)、仕事場①の順。

◆ 都道府県別人口10万人当たりの救急搬送人員は、群馬県が最も多く、次いで福井県、茨城県、埼玉県、鳥取県の順。

 

pdf 令和4年6月の熱中症による救急搬送状況.pdf (1.4MB)

pdf熱中症による救急搬送人員(7月18日~7月24日速報値).pdf (0.25MB)

以上

2022-07-26 15:40:00

令和4年度 全国労働衛生週間

本年度スローガン「あなたの健康があってこそ 笑顔があふれる健康職場」

 

厚生労働省は7月22日、2022年度「全国労働衛生週間」を10月1~7日に実施、9月1~30日までを準備期間にすると発表。本年度のスローガンは「あなたの健康があってこそ 笑顔があふれる健康職場」に決定。

 全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善など、労働衛生に関する国民の意識を高め、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなどを目的に、昭和25年から毎年実施しており、今年で73回目である。

毎年9月1日から30日までを準備期間、10月1日から7日までを本週間とし、この間、各職場で職場巡視やスローガン掲示、労働衛生に関する講習会・見学会の開催など、さまざまな取り組みを展開している。

今年も、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、いわゆる“3つの密”((1)密閉、(2)密集、(3)密接)を避けることを徹底しつつ、各事業場の労使協力のもと、全国労働衛生週間を実施する

 全国労働衛生週間を活用し、過労死等の防止を含めた長時間労働による健康障害の防止対策やメンタルヘルス対策の推進、事業場で留意すべき「取組の5つのポイント」をはじめ職場における新型コロナウイルス感染症の予防対策の推進、病気を抱えた労働者の治療と仕事の両立支援をサポートする仕組みを整備するとのこと。また、化学物質対策では、特定化学物質障害予防規則、石綿障害予防規則などの関係法令に基づく取り組みの徹底を図るとともに、各事業場におけるリスクアセスメントとその結果に基づくリスク低減対策の実施を促進していく。

pdf 令和4年度全国労働衛生週間 実施要綱.pdf (0.18MB)

 

中央労働災害防止協会 全国労働衛生週間特別ページ

https://www.jisha.or.jp/campaign/eisei/index.html

 

2022-07-25 19:12:00

厚生労働省は、標記教材をホームページ上に公開しましたので、以下のとおり紹介します。

 

動画形式でとても判りやすく学べる内容になっています。是非、社内教育等でご活用ください。

 

資料構成:

この資料は、令和3年度厚生労働省委託事業「ラベル・SDS活用促進事業B」で作成したeラーニング用教材です。

 

対象者:

化学物質の取り扱うすべての労働者の方々向けです。
なお、資料4、5、8は化学物質管理者、職長など中級、上級者の方向けです。

 

プログラム:

【資料01-1】『職場で化学物質を安全に取り扱うために!』 MP4[23,488KB](6分1秒)
【資料01-2】『職場で化学物質を安全に取り扱うために!』(続き) MP4[29,143KB](7分5秒)
【資料02】『化学物質の危険有害性とは! ―ラベルの見方、絵表示の意味―』 MP4[26,715KB](6分43秒)
【資料03】『職場での適切な化学物質取扱い方法について ―ラベルの内容から対策を検討する―』 MP4[49,672KB](9分34秒)
【資料04】『職場での適切な化学物質取扱い方法について ―SDSの読み方-』MP4[42,595KB](12分10秒)
【資料05】『職場での適切な化学物質取扱い方法について ―法規制と危険有害性-』 MP4[45,430KB](8分38秒)
【資料06-1】『化学物質による健康障害防止の基本』 MP4[25,286KB](4分59秒)
【資料06-2】『化学物質による健康障害防止の基本』(続き) MP4[26,676KB](5分54秒)
【資料07】『物理化学的危険性(爆発・火災)による事故防止の基本』 MP4[48,565KB](8分46秒)
【資料08-1】『リスクアセスメント事例と災害対策事例』 MP4[27,145KB](5分45秒)
【資料08-2】『リスクアセスメント事例と災害対策事例』(続き) MP4[23,764KB](5分55秒)

 

利用上の注意:

 このページに掲載の教育用資料は、事業場内における安全衛生教育を目的としており、その範囲に限り各事業場において自由に改変して利用することができます。
 これらの資料は厚生労働省の委託事業によって作成されたものであり、著作権は厚生労働省が有しております。利用者は、著作権法及び関連法規を遵守するとともに、営利目的の個人、法人、団体等が、利益を得る目的で教育用資料を配布、または他の製品と合わせて配布することはご遠慮ください

以上

2022-07-25 18:50:00

本年度の全国産業安全衛生大会が以下期日、会場で開催されます。

現在、参加申し込みを受付中です!ご都合の合う方は是非検討されては如何でしょうか

第81回 全国産業安全衛生大会 in 福岡

     ~太宰府の地 皆で学んで高めよう 安全・健康の知恵~
期 日:2022年10月19日(水)~21日(金)
総合会:10月19日     マリンメッセ福岡B館
分科会:10月20日、21日 マリンメッセ福岡A館および
               福岡国際会議場

第81回全国産業安全衛⽣⼤会チラシ_ページ_1.png

<<見どころ・聴きどころ>>
①開催地 福岡で活躍する企業による講演   
 ・テーマ:「ロボット技術の最前線 ~ロボットによる進化するソリュー
      ション~」
 ・講演者:(株)安川電機 代表取締役 専務執行役員 
      ロボット事業部長 小川 昌寛
 ・日 時:10月20日(木)15:20~

②チームづくりに役立つ講演
 ・テーマ:「動機づけ面接を活用した 不安全行動指導法 ~「わかっちゃ
      いるけどつい」、をどうする」
 ・講演者:産業医科大学 産業医実務研修センター 教育教授 柴田 喜幸
 ・日 時:10月20日(木)12:50~

③さまざまな視点から安全衛生の知見を広げるための講演
 ・テーマ:「南極観測隊の安全術を現場に置き換えてみよう~閉鎖空間で
      の人付き合い術~」
 ・講演者:南極越冬料理人 篠原 洋一
 ・日 時:10月21日(金)13:50~

pdf 第81回全国産業安全衛⽣⼤会案内書.pdf (6.33MB)

■詳細はこちら⇒http://fofa.jp/jishamg/c.p?12cQwC81n5t

 引用:中央労働災害防止協会

2022-07-23 14:01:00

第8回 東京 猛暑対策展、第9回 東京 労働安全衛生展 セミナー資料公開

 

 過日、2022年7月20日に東京ビックサイトで開催された「第8回 東京 猛暑対策展」「第9回 東京 労働安全衛生展」の特別講演会において、(一社)日本労働安全衛生コンサルタント会東京支部の一員として当社が講話した資料を掲載します。


セミナー当日にプレゼンした資料に、当日講話した内容を若干追記し「公開版」としました。以下をダウンロードしてご活用ください。

 

【テ-マ:Iotを積極活用した暑熱環境対策の推進】

A4判サイズと、A4判_4in1サイズがあります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...