安全衛生情報

2019-12-27 16:23:00

今年も残すところ、あとわずかとなりました。
本年も格別のご高配を賜りお礼申しあげます。  

弊社の本年の営業は27日(金)までとなっております。  
本年中の御愛顧に心よりお礼申しあげますと共に
来年も引き続きお力添えいただきますよう、お願い
いたします。どうぞ良いお年をお迎えください。

 

休業期間

 令和元年 12 月 28 日(土)~令和 2 年 1 月 5 日(日)

2019-12-20 16:41:00

 厚生労働省は、12月19日「トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト」に、2つのコンテンツを追加したと発表。今回新しく追加されたのは、荷主企業・トラック運送事業者向けの自己診断ツール「簡単自己診断」と、一般の方に向けた周知用動画「トラック運転者の『いま』とあなたにできること」。

  トラック運転者は、他業種の労働者と比べて長時間労働の傾向であり、このポータルサイトで、貨物を運送するトラック運転者の長時間労働の現状や、その改善に向けた取り組み、施策などを、一般の方や荷主企業やトラック運送事業者などに向け発信している。

■新コンテンツ
(1)自己診断ツール「簡単自己診断」
 ・対象:荷主企業・トラック運送事業者
 ・内容:「運転時間」「荷扱い時間・付帯作業時間」「待ち時間」の3つの視点から、貨物運送の現状に関するチェックシートに回答することで、トラック運転者の労働時間削減に向けて自社の取り組むべき課題を抽出できるツール。
 ※貨物の積み込みや荷下ろし、検品、仕分け、荷造りなどトラックで貨物を運送する業務に付帯して発生する作業

(2)周知用動画 「トラック運転者の『いま』とあなたにできること」
 ・対象:一般の方
 ・内容:トラック運転者が運転以外にどんな仕事をしているのかという点を主軸に据え、トラック運転者が置かれた実態とその改善に必要な取り組みを紹介している。

 

「トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト」
 https://driver-roudou-jikan.mhlw.go.jp/

2019-12-19 16:33:00

12月18日、厚生労働省は平成30年度の「石綿による疾病に関する労災保険給付などの請求・決定状況」の確定値を取りまとめ公表した。
石綿による疾病※1で、療養や休業を必要とする労働者や死亡した労働者のご遺族は、疾病発症が仕事によるものと認められた場合、「労働者災害補償保険法」に基づく給付の対象となる。

それによると、平成30年度分の労災保険給付の請求件数は1,169件(石綿肺を除く)、支給決定件数は997件(同)で、請求件数は昨年度に比べやや増加、支給決定件数は昨年度とほぼ同水準となった。

 なお、石綿による疾病で死亡した労働者のご遺族で時効(5年)により労災保険の遺族補償給付を受ける権利が消滅した人については、「石綿による健康被害の救済に関する法律」に基づき疾病発症が仕事によるものと認められた場合「特別遺族給付金」が支給される仕組みとなっている。平成30年度分の特別遺族給付金の請求件数は38件(前年度比10件、20.8%減)で支給決定件数は31件(前年度比16件、106.7%増)とのこと。
 

1 労災保険給付の請求・支給決定状況

 【別添表1、表1-2、表2、表5、図1、図3-1】

pdf 別添:表1~5、図1~3-2、資料1~5.pdf (1.95MB)

 

(1)肺がん、中皮腫、良性石綿胸水、びまん性胸膜肥厚

 請求件数支給決定件数 1,169件(前年度比 84件、7.7%増)支給決定件数997件(同    10件、1.0%増)

2)石綿肺((1)の件数には含まれない)※2

支給決定件数 60件( 同    8件、15.4%増)

2 特別遺族給付金の請求・支給決定状況 【別添表3、表4、表5、図2、図3-2】

請求件数 38件(前年度比 10件、20.8%減)支給決定件数31件(同  16件、106.7%増)

2019-12-17 17:21:00

パナソニック株式会社のBCP概略、情報共有に対する考え方、具体的な情報共有の手法、及び実際の災害対応などについて以下講演が予定されています。事業継続プラン・災害対応に関心のある方へ以下のとおり紹介いたしますす。よろしければ参加を検討してみてはいかがでしょうか。

 

□内容:パナソニック株式会社情報企画部 (社内複業)リスクマネジメント部の青江多恵子氏が講演!
①パナソニックのBCP
②情報共有の考え方
③災害対応と情報共有の実際
④今後の課題

□日時:2020年1月14日(火)16:00~18:00(受付開始 15:30~)
□会場:明治薬科大学剛堂会館ビル1階 第1会議室
□住所:〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル1F
 印刷用地図        
□アクセス:東京メトロ ●有楽町線 麹町駅1番出口 徒歩4分
      東京メトロ ●南北線 永田町駅9a、9b出口 徒歩6分
        東京メトロ ●半蔵門線 半蔵門駅1番出口 徒歩5分
□主催:リスク対策.com(株式会社新建新聞社)
□定員:50人程度(先着)
□参加費:6000円(資料・消費税込み)
□懇親会:4000円(会場未定※キャンセル不可)
     ※当日現金支払いをお願いいたします。

詳細・お申し込み https://www.risktaisaku.com/articles/-/22217

2019-12-16 19:09:00

12月9日付で、厚生労働省から令和元年度労災保険業務機械処理の令和元年 10 月末現在における保険事業月報が発表された。それによると、保険給付支払総額は 4,683 億円で、前年同期に比べ て全体として 1.2%増の状況。死亡関係補償の支給額は減少しているが、 休業補償給付、傷害補償一時金、介護補償給付の額が増加している状況。

 

pdf gaikyo.pdf (0.16MB)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10