安全衛生情報

2022-10-02 21:46:00

標記、当社ホームページの視聴覚教材に、農作業安全のビデオを追加しました。

外国人労働者向けのビデオですが、説明は日本語なので、日本人向けの安全教育ビデオとしても十分活用できます。是非ご参照ください。

以下、視聴覚教材タブをクリックし、4.農業向け・・・からご確認ください。

 

視聴覚教材タブ

4.農業向け・災害防止視聴覚教材

 厚生労働省安全動画:

外国人労働者向け安全衛生教育教材/農業(日本語)

 

視聴覚教材には業種共通、陸上貨物運送事業、情報通信産業、社会福祉施設、小売業他のビデオもアップしています。是非、社内教育等でご活用ください。

 

以上

2022-09-30 16:36:00

厚生労働省は、9月30日、「労働基準法関係法令違反に係わる公表事案」として、書類送検された企業の一覧を公表した。

それによると、関係法令の中で一番多いのは「労働安全衛生法違反」であり、高所作業での作業床不備、墜落制止用器具未使用、機械安全対策不備、作業手順不備、管理不備、指導教育不足、無資格者による作業等様々な違反で書類送検されていることが判る

 

この機会に是非、自社の労働安全衛生リスクアセスメントに漏れはないか、法令違反を見逃していないかを再確認頂き、繁忙期となる年末年始、そして年度末に向けた「安全・安心確保」を推進して欲しいと希望します。是非「他山の石」としてください

pdf 労働基準関係法令違反に係る公表事案.pdf (0.38MB)

 

2022-09-30 16:08:00

厚生労働省は、9月27日「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準の在り方について(報告)」の公表を行い、自動車運転者の労働時間を検討する専門委員会による「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(改善基準告示)の取りまとめを公表した。

この取りまとめは、貨物自動車運送事業に従事する自動車運転者の労働時間等の改善基準を長時間・過重労働の実態にある自動車運転者の健康確保などの観点から見直しを行うもの

 23530306_m.jpg

今回、新たに発表されたトラックでの主な変更点は以下の通り。

1年、1か月の拘束時間:年間3300時間、かつ月拘束時間が284時間を超えない

例外として、1年の総拘束時間が3,400時間を超えない範囲で年6回まで、1か月の拘束時間を310時間まで延長可能。ただし、284時間を超える月が3か月を超えて連続しないこと。その上で、月の時間外・休日労働が100時間未満となるよう努めるものとする。

1日の休息期間(勤務間インターバル):継続11時間以上を基本

現行の継続8時間から継続11時間以上を基本とし、継続9時間を下回らないものとする。

連続運転時間:4時間を超えない

ただし、サービスエリア等に駐車できないなどやむを得ない場合、30分まで延長することができる。また、おおむね連続10分以上の中断を原則休憩とする。

今回の取りまとめを基に、厚生労働省は2022年12月に改善基準告示を改正、2024年4月から適用される時間外労働上限規制(年960時間)に向け、速やかに周知や荷主対策を実施する

pdf 改善基準告示の見直しについて(トラック).pdf (1.06MB)

pdf 改善基準告示の見直しについて(バス).pdf (0.92MB)

pdf 改善基準告示の見直しについて(ハイヤー・タクシー).pdf (0.73MB)

pdf 参考資料(現行の改善基準告示の内容(一覧表)).pdf (0.1MB)

参考資料(現行の改善基準告示の内容(一覧表)).png

以上

 

2022-09-23 19:59:00

2022年9月月3日、新潟市の市道で、高所作業車に乗って街路樹のせん定作業をしていた造園会社の男性2人が感電して、1名が死亡、1名は意識不明の重体(9月6日時点)という痛ましい災害が発生した。

 

 

異音と「ヤバイ」という声に気付いた現場にいたほかの作業員が15時54分に119通報。その後、感電した2人は新潟市内の病院に意識不明の状態で搬送されたが、40歳代の男性は3日23時28分、搬送された新潟市内の病院で死亡が確認された。

 

事故があった現場の街路樹を見てみると、街路樹のてっぺんから数m上のところに、高圧電線(電圧は6万6000ボルト)のケーブルが伸びている。高圧電線は、地上からだと約11mの高さとのこと。作業員はこのケーブルに近づいたため、感電したとみられている。警察によると、作業をしていた2人はこの高圧電線に触れた形跡はなかった

img_e88608b10caf40b22cf437dfcd1cdb90314207.jpg

しかし、高圧電線は直接触れなくても、近づくだけで空気の絶縁を突き破り感電する可能性がある。この現象を「閃絡(せんらく)」と言いう

搬入作業の安全_電気機器編_21m_MEIDEN_Moment (2).jpg

2人が近づいた高圧電線にかかっていた感電を防ぐためにも、電力会社などは4m以上の距離を取るよう注意を呼びかけていた中での被災だった。高所作業車やクレーンを使用した作業を行う場合は、事前に周囲の架空電線の確認を行い、安全な作業手順を確立し、全員に周知してから作業を行うことが大切である

2022-09-21 15:26:00

高年齢労働者(60歳以上)に対する作業環境改善等の「安全対策実施」は、現在、企業活動維持・継続を進める上で「義務・責務」であることが、この総務省統計からも判断できます。時代の変化に応じた就業環境の整備・確保、配慮確立が急務です。

図4_高齢者就業数の推移2011年-2021年_1322-1.jpg

 

高齢就業者数は909万人で過去最多、65~69歳の就業率は初めて50%超に/総務省

総務省は18日、「敬老の日」(9月19日)を迎えるに当たって、統計からみた我が国の65歳以上の高齢者の現況を公表した。2021年の高齢就業者数は、18年連続で増加し、909万人と過去最多。

高齢者の就業率は、65~69歳が10年連続で上昇し、50.3%と初めて50%を超えた。70歳以上は5年連続で上昇し18.1%。高齢者人口は3,627万人、総人口に占める割合は29.1%で、いずれも過去最高。日本の高齢者人口の割合は、世界(200の国・地域中)で最高。

図6_高齢者の就業率の推移_2011年~2021年_1322-3.jpg

 

図8_主な産業別高齢就業者数及び割合_2021年_1322-5.jpg

  

pdf 統計からみた我が国の高齢者topics132.pdf (1.67MB)

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...